黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

川崎病の原因

2014/10/13 22:19

乳幼児に血管の炎症を引き起こす「川崎病」は、日本の場合、中国北東部から気流に乗って運ばれてくる菌類が原因の可能性があるとの報告を、米国やスペインの研究機関、自治医大(栃木県)などの国際チームが2014.5.19日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。日経新聞より

カンジダ菌という真菌の一種だという。
このKawasaki Desease という病気は、日本人に多くみられる病気で、川崎博士によってその病態が定型づけられた。
長年原因がわからなかったこともあり、合成洗剤起因説など様々な可能性がささやかれて、母親を苦しめてきました。

その川崎病が、近年増加傾向にあるといいます
川崎病発症数
出典 www.nhk.or.jp

川崎病まとめ
患者の特徴は、やはり健常者の腸内には見られないグラム陽性の細菌とグラム陰性の細菌が見られている。

由来はともかく特定の条件がそろえば、発症することが濃厚になってきているが、PM2.5について対策できることは限界がある。

子どもの病気はただでさえ母親が苦しみ、周囲のバッシングの矢面にも立たされる。
こんなにも子育ての環境として居心地の悪い国もないのではないかと嘆きたくもなる。

カンジダ菌の繁殖の代表的な要因は菌交代症

抗生物質などの多用が招くといわれているが、抗生物質の多用は、直接私たちが摂取するもののほかに、
家畜や、養殖魚に使われるものも含めると、影響は計り知れない。

肉を食べないベジタリアンの方が有機肥料から70%もの抗菌物質を摂取しているという報告もある。

皮膚や腸内の常在菌について真剣に考えたほうがよさそうだ。
もちろん清潔志向、加工食品の取り方についても。。。。



ゆっくりのんびり子育てできる世の中になるといいね
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/90-9a50a06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)