黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

出汁の記憶

2014/09/13 23:33

幼いころに飲んでいた味噌汁の出汁は煮干し
頭もはらわたも取らない、具の間から主張する煮干しちゃん
その生臭くて銀色の肌も全てがうーーーーむとうなる記憶しか残っていない。

関東から関西へ嫁いだ私が、鰹と昆布の上品な澄んだお出汁の虜になったのは言うまでもない。
お総菜屋さんの出汁巻き卵でさえ違う

昆布水の流行や、伝統的な鰹節との出会いから
「はなちゃんの味噌汁」じゃないけど朝ごはんのみそ汁は、我が家の大事な儀式になっている。

前日の夜に昆布を水につけて冷蔵庫へ。朝には鰹節を入れて出汁を取り、具を煮立たせた後火を止め
味噌を入れる。
自家製味噌は麹が元気なのでどんどん発酵が進んでいく。
二月に仕込んだ今年の味噌も10月には食べられそう。

腸内細菌を育てのるのに大事な発酵食品を煮立たせると、忍びないので
ともすればネギの後に味噌を入れたりもする。

最近煮干しちゃんも食卓に上がるようになってきた我が家ですが、
頭とはらわたを取って、一晩水につけたものを冷蔵庫で寝かし、ガラ(失礼)は猫のおなかに(笑)

1分でも惜しい朝の時間に家族の分だけお椀によそってしばし放置。
ぬるめをかきこんでdashしていくのは毎朝の光景ですが、
今日も健やかに☆という願いが
味噌汁にこもっていることを、この年になったから理解できるようになりました。

「味噌汁だけ飲んでいきなさい!」口うるさかった母に感謝です☆

いつもありがとうございます☆ランキングに参加しています。ポチしていただけると励みになりますm(vv)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/53-a5ea9998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)