黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

目に異常があるときにするべきこと☆

2016/06/06 11:06

飛蚊症
これは飛蚊症のヒトの見えるイメージです。

網膜疾患や
角膜、ぶどう膜、結膜、視神経、眼筋など
眼の異常に関する訴え
をよく聞きます。

特に子どものうちに異常が見つかると心配ですよね。

SLS(Sodium Laureth Sulfate)
ラウリル硫酸ナトリウム
合成界面活性剤の一種ですが、
研究によると
眼に吸収されて、最長5日間残留する。
眼のタンパク質を変性させ成長を遅らせる。
角膜表面の傷の治癒を遅らせる。


とある。
特に若い細胞ほど変性作用が強いことが分かった。

SLSは多くの歯磨き、シャンプー、化粧品、薬に含まれて
経皮的に、また粘膜から吸収されて体に蓄積していくことが分かっている。


遺伝子の変異を誘発することから発ガン性との関連も疑われる石油系の化学物質だ。
 視力の低下や、網膜剥離、緑内障、白内障も含めて

眼に何らかの異常が認められたら
進行を止めるためにも
使用を控えたい物質
です。

炎症があるうちは、
フィトケミカルなど、活性酸素を減らす栄養を補給するなどの工夫も必要です。
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/335-90c7d4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)