黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

携帯電話とうつ病の関係

2015/04/29 22:42

メラトニン


今でこそスマホで、スピーカーで話せるようになったものの、

携帯電話を耳に当てて通話するとどんな影響があるのか、

さまざまな因果関係がささやかれているが、

携帯電話を一日25分以上使用すると

夜間のメラトニン生成量が大幅に減少するというのだ。

メラトニン抑制効果が、

うつ病~自殺のリスク増大になる。

そう警鐘を鳴らす専門家も多い。

さらに、携帯電話の電磁波への曝露により、

血液脳関門と言われる脳への異物の侵入を防ぐ働きが

格段に下がり、

それまで排除されていた

高分子のタンパク質やホルモンなどが

脳へと侵入したり、

脳脊髄液の漏出が起こりやすくなる。

近年の改良によって、

スマートフォンの電磁波

はさらに強力なものになってきている。

子どもや、これから成人を迎える青年期の使用には

影響が出ないように細心の注意を払いたい
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/309-a20cadb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)