黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

啓蟄を過ぎて虫が出てくる季節の食養生

2015/03/28 00:05

セリ


春になると木の芽の芽吹くのと同時に

虫たちも元気になってくる

見える虫も、見えない虫たちもだ。

私たちの身体には実は様々な虫が共存している。

問題は、その数。

マイクロパラサイトといわれる寄生虫は

体内が生育環境に適してくると

爆発的に増殖し、

身体は免疫反応を起こし始める。

それがいわゆる「ガン」だという専門家もいる。

ガンは寄生虫が原因だった

寄生虫が好んで孵化する環境に

石油成分が欠かせない。

化学物質の多用が、体内の共存関係のバランスを崩す。

春菊

☆春先の食養生のポイント☆

春菊、セリ、セロリなど

食べる漢方薬


と呼ばれる春野菜を積極的に取り入れる。

食べることによって、野菜に含まれる

虫の嫌がる忌避成分によって、寄生虫が体外へ排泄される

という仕組みがあるらしい。

刺身や、生肉を食べる風習を持つ日本人ならではの

昔からの知恵が隠されている。

春の体内浄化には

食べる漢方薬と呼ばれる

旬の香味野菜が欠かせない。

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/291-d18fc57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)