黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

猟奇的な彼女?メンヘラってなんだろう

2015/03/16 23:54

猟奇的な彼女

ちょっと前の映画で、主人公の女子

びっくりするほど暴力的だけど

最近は、

メンヘラ

とか言って、あまり珍しくないみたい

メンヘラ
誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい
誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある
自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし
一言で言えば、「愛してくれないならここで死んでやる!」


うーーん( 一一)

ちょっと未知の領域なので、

科学的に、こういう兆候を示す神経伝達物質の作用をあげてみたい。

臆病さが軽減し、好奇心が増す。

未知の環境への探索行動がまし、不安が軽減される


いい感じ。。。。

そして

ラットでは雌雄にかかわらず、

個体の攻撃性を増し、喧嘩っ早くなり、

マーキングによってなわばりを主張し、

猛烈に防御する。


これはバソプレッシンという神経伝達物質の性質である。

わかりやすく言うと「闘争か逃走か」。

これに対して「結びつきと安らぎ」

この性質を持つペプチドホルモン

オキシトシンになる。

オキシトシン

本来、この二つのホルモン物質は、相補的にバランスを保つ必要があるが、

現代の慢性的なストレス化において、

この「闘争か逃走か」現象が拍車がかかったことが

ネットスラングとして

クローズアップされるようになってしまったようだ。

現代の子ども達は、わずか10年前と比べても、

乱暴で攻撃的で、集中力に乏しくなったと報告されている。

心身の両面で、ほかの人たちと親しく接触する機会が減り、

仕事やほかの関心事に費やす時間が増えた。

それらの活動のテンポが速まったせいで、

いつも時間もエネルギーも足らず

ただ、人と一緒にすわっていたり、

子どもと手をつないで散歩したり、

まる一日を愛するパートナーのために割いたりすることがなくなってしまった。

たまにはゆっくり

オキシトシンを放出するような時間を持ちたいですね


[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/279-29114af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)