FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

比重が軽くて献血できません

2015/01/25 20:50

血液

yahoo知恵袋の
ベストアンサーさんより引用させていただきます。→yahoo知恵袋

睡眠不足や疲労により体調がすぐれない日などは、血液が低比重、低ヘモグロビン量になっていて献血できない場合があります。

軽度の比重不足であればバランスの良い食事をして、鉄分が多く含まれる食品を摂ることで改善されます。
その際、摂った鉄分が吸収されるように、鉄分の吸収を助けるタンパク質やビタミンCを一緒に摂って下さい。
ただしカルシウム同様、一度にたくさんの鉄分を摂取しても身体に蓄積されませんので、毎日続けて摂る事が大事です。


日赤では、献血により貧血になる事を避けるため、比重検査が行われます。
比重検査は白血球、血小板など6種類ほどの簡易検査ですが、そのなかの
血液比重(水の重さを1とした時の場合の血液の重さ)と
血色素量(赤血球の数)の数値
で比重を測っています。

血液の中に含まれる
赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットが正常値以下に減少した状態を「貧血」といいます。
血液中の赤血球は酸素を全身に運搬する重要な役割があるので、その赤血球に異常が起これば、
体内の組織が酸素欠乏に陥ってさまざまな症状が現れます。

献血を断られたのは、ヘモグロビン値が12g/dL(全血400mlのみ12.5g/dL)なかった事になります。
ヘモグロビン(Hb)は、男性13.5~17.6、女性11.3~15.2が正常値です(検査機関により若干異なる)。
女性は11g/dl以下、男性は13g/dl以下の場合、軽度の貧血で自覚症状がほとんどなく、食生活の改善等で正常値に戻ります。
ただし10g/dl以下は、中等症から重症の貧血で医療機関での治療が必要です。
そのため、献血時にの比重不足と言われただけで貧血とは限りません。

健康診断などのヘモグロビン正常値より、献血の基準が若干高くなっているのは、献血者の健康を考えて設定されています。
貧血の方から献血をすれば、献血者の健康被害の発生率は高まります。
輸血を必要としている患者のためとはいえ、献血者の安全が第一優先されるためご理解下さい。


献血には「食事」、「運動」、「睡眠」が不可欠です。
サプリメントで補っても、最終的には生活習慣を見直さなければ改善されません。
次回は最低でも1~2ヶ月空けた上、体調のいい日に献血へご協力下さい。

とありますが、
血液の質の悪化に
食品添加物
プロピレングリコールが影響してるなんて
考えてもみませんでした。
プロピレングリコール

特に理由がなく、体調ががすぐれず

血液検査の結果が悪い人

まず、自分の食べているものを
半年前までさかのぼって考えてみると良いと思います。

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T52] 比重が軽くて献血できません

yahoo知恵袋のベストアンサーさんより引用させていただきます。→yahoo知恵袋睡眠不足や疲労により体調がすぐれない日などは、血液が低比重、低ヘモグロビン量になっていて献血できない場合があります。軽度の比重不足であればバランスの良い食事をして、鉄分が多く含まれる食品を摂ることで改善されます。その際、摂った鉄分が吸収されるように、鉄分の吸収を助けるタンパク質やビタミンCを一緒に摂って下さい。...
トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/214-53e314e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)