FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

お箸の国の人だから

2015/01/10 17:39

お箸まな板

食品への異物混入事件が後を絶たない。

これは何のメッセージだと思いますか?

日本の食料自給率はまたしても40%を切り、(カロリーベース)
家庭それぞれで違うにしろ
自分の食べ物を、自分の手で入手するのはかなり難しくなっています。

古来より、稲作を中心に山海の恵みとともにあった私たちの暮らしは
お箸、まな板、を使う独特の文化に基づいている。

まな板とは、食物を調理する板。

マナ
はヘブライ語で天から授かった食べ物という意味、

南太平洋の島々ではや、という意味を持つらしい

日本では、人の体に魂が宿り、神が宿るとされ、

食事(まな)を作るところは、土台を作るところすなわち台所として神聖化されてきた

食べ物を気=エネルギーとするなら、
昨今の加工食品、食品添加物により作られる食べ物は、食品であって食物ではない。

食事が、を取り入れる行為なら
食品は、もともと気の力が非常に弱い食べ物だといえよう
品が山のようになって作られる病気が

あえて異物を混入させることによって
食品に触れる機会を遠ざけられ、
口に入れる供物の神聖さ、
危機感をもう一度真剣に考える

そんな時期に来ているのでは?
供物
(画像お借りしました)

あれこれと考えながら、
母は今日も食事作りという神聖な業に向かう。
割烹着
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/188-eaa67682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)