黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

鹿の王 上橋菜穂子著

2015/01/07 21:35

鹿の王
本屋さんでひとめぼれした本
冬休みの休暇を利用して読破

獣の奏者
以来読み応え満載で
冬休み満喫♪

冒険小説を読んでるうちに、医学を勉強し、さらに社会を学ぶ。
一回で三冊分
養老孟司


彼女の作品は、どの物語でも動物への愛情にあふれ
躍動感にあふれた描写が胸を打つ


この物語でも
主人公の動物の扱いも卓越し、
架空のものではあるものの、自然の恵みである食べ物の描写も
想像をかきたてる

命に対する考え方も、自然の摂理に抗わない
純粋な倫理観が見ていて清々しい

おススメの作品です。


おおかみ


 

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/185-ec0acc7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)