FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

日本人の食卓

2014/11/05 22:16

エンゲル係数は消費における食費の割合のことで、戦後間もないころに60%だったものが、20%台にまで低下している。
これは豊かさが増大した指標だというが、実は食品の購入が1円でも安いほうへ流れている、質の低下が隠れているというのは「動的平衡」の福岡伸一氏
因みに世代別に見てみると→世代別エンゲル係数   高齢者の生活の質の悪化をうかがわせるデータ。。。


確かに食品流通のコストダウンのために行われるありとあらゆるプロセスがブラックボックス化していることは否めない。

食品添加物の使用は、壮大な人体実験であるとも書いてある。
単一の化学物質でも不透明なものを複合的にどれだけ取り込み、どのような影響が出ているのかがまるでわからないのが現状なのだ。

知識を持たない若い世代が、手を伸ばすのは、
コンビニで手軽に目につくラン◯◯ック
子どもが200円以内で買う遠足のおやつは添加物だらけのスナック菓子
メタボなサラリーマンはトクホのコー◯を迷わず選ぶ

私たちが正気を取り戻すべきポイントは何を食べないでおくべきかではなく見えないものを可視化して、失われた信頼を取り戻すことだ
まさに正論だが、これが情報弱者となった消費者には難しい

今や組合員の作り上げていく、食品の安全性を追求した生協は本当に少ない。
時代が利益追求を求め、企業としての生き残りに奔走する姿に形を変えようとしている。

「あなたはあなたの食べたものでできている。」

自分の明日の健康にさえ自信の持てない国で本当に子育てしてよいのかふと考えてしまう。


普通の家族がいちばん怖い 徹底調査 破滅する日本の食卓  

年末年始の様変わりした日本人の食卓がレポートされています。

食育という教育が必要になってしまった見かけ飽食の国日本。そこから医療難民が大量に排出されています。

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T24] 日本人の食卓 怖いエンゲル係数の低下

エンゲル係数は 生活の豊かさを計るもの  60%から20%になるってことは 豊かになってるはず・・・ ところがそうでもないらしい 気になるので トラックバックさせて頂きました エンゲル係数は消費における食費の割合のことで、戦後間もないころに60%だったものが、20%台にまで低下している。これは豊かさが増大した指標だというが、実は食品の購入が1円でも安いほうへ流れている、質...
トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/117-8de7f77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)