黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

アニマルセラピー

2014/10/26 20:53

深い悲しみに包まれているとき、物言わぬ存在は、時として

時間には変えることにない癒しを与えてくれることがある。

動物療法、アニマルセラピーは、少しづつではあるけれど認知度を上げてきているので、

知る人も多いのではないかと思う


ある人はイルカと一緒に泳いで癒されたり、馬に乗って、世話をして

心の奥深くにあるちょっとしたキズを癒したりしている。

特別な場所で、特別な動物に会う機会に恵まれる人は幸せだと思うが

多くはない。

人はなぜ悲しみや寂しさを癒されるのか。。。。。

そのカギは案外自分の中にあるのではないかと思います。

オキシトシンというホルモンをご存知でしょうか?

このホルモンの分泌は、愛情表現の相手によって促され、脳内におこる化学現象で、近年注目を集めている。

愛情を注ぐ対象はというと、もちろん乳幼児、言葉の意思疎通がうまくできない分、大人にオキシトシンの分泌を促すような
形態をとっている。
子ども形態

一般的に離乳前の保護の必要な動物は基本的に同様の特徴を持っている。

そのほかにも、飼っている犬や猫によって精神的に救われたり、街猫に慰められた経験をお持ちの方もいるのでは?
猫

本当に疲れてしまったとき、周りを見回すと生き物がいませんか?

その生物は、科学的にはオキシトシンの欠乏を察知して分泌を促すために近づいてくれたのかもしれません。

動物に癒されることが多い分、たまには心の中で、自分を癒す万物の存在に感謝の気持ちを捧げてみては?
また、素敵なセレンディピティに恵まれるかもしれません。

たまにはまったり~くつろいで~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T18] アニマルセラピー

深い悲しみに包まれているとき、物言わぬ存在は、時として時間には変えることにない癒しを与えてくれることがある。動物療法、アニマルセラピーは、少しづつではあるけれど認知度を上げてきているので、知る人も多いのではないかと思うある人はイルカと一緒に泳いで癒されたり、馬に乗って、世話をして心の奥深くにあるちょっとしたキズを癒したりしている。特別な場所で、特別な動物に会う機会に恵まれる人は幸せだと思うが...

[T21] アニマルセラピー

なるほど・・・・という記事を見つけたので トラックバックさせていただきます。 深い悲しみに包まれているとき、物言わぬ存在は、時として時間には変えることにない癒しを与えてくれることがある。動物療法、アニマルセラピーは、少しづつではあるけれど認知度を上げてきているので、知る人も多いのではないかと思うある人はイルカと一緒に泳いで癒されたり、馬に乗って、世話をして心の奥深くにあるちょっとした...
トラックバック URL
http://morinoshinryojo.jp/tb.php/105-cd2e9751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)