黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

くじらになった王様

2017/06/06 11:18


ザトウクジラ

それは、山と海に囲まれた
岬の上に立派なお城をかまえる
たいそう豊かな国の物語です。

お城には、王様とおきさきと三人の子ども達が住んでいました。
隣の国までは、馬を走らせても
険しい峠を越えて三日ほどもかかるので、
争いもなく
人々は、山の幸や海の幸の恵みを受けて
何不自由なく豊かに暮らしておりました。

ある晴れた春の日
おきさきと子どもたちは
狩りに出かけた王様の疲れをいやそうと
潮干狩り(しおひがり)に出かけました。

それは見事に大きな貝が
食べきれないほど採れました。

みんなが夢中になって貝を集めていると
突然
海水がどんどん減っていき
はるか遠くまで潮だまりになってしまったかと思うと
あっという間に
全部集めた波よりも
もっともっと大きな塊(かたまり)が、黒い山のようになって戻ってきました。

そうやって潮干狩りのみんなを
海は飲み込んで去って行ってしまいました。

つなみでした。
王様が生まれるよりもはるか昔の
おとぎ話で聞いたつなみの話は、
こんなにも恐ろしいものだったのかと
人々は途方に暮れました。

王様は嘆き悲しみました。
たくさんの民とともに
大切な大切な家族が
待っても待っても
戻ってこなかったからです。

来る日も来る日も、
まるでうそのように静かな海に
みんなを探しに出かけました。

気付くと悲しみにくれた王様は、だいぶん年を取っていました。
涙がこぼれない日はありませんでした。
なぜあの日、みんなで浜に出かけなかったのか
なぜ、こんなところに国を作ってしまったのかとさえ
思うようになりました。

もう立派なお城さえ王様には
なんの意味のないのです。
心の傷はいえるのでしょうか?
苦しみ続けた王様は、
海でさまよいながら、
疲れ果てて眠ってしまうこともありました。

うとうとしていると
みんなの笑い声が聞こえるような気がします。
目覚めると
それが夢だったことが分かりました。

それでも王様は
少しでもみんなに会いたくて
海の上にいる時間が多くなりました。
泳いで、疲れて、眠って
家族の笑い声を聞いて

もう帰らなくてもいいのかとさえ
思い始めました。
波間に揺られながら眠るのが
幸せな時間でした。
みんなの笑い声にこたえるように
歌ってみたりします。

王様は、気付くとくじらになっていました。
広い広い海原(うなばら)から
戻ってくることはなくなりました。

今もどこかでくじらの歌が聴こえたら
夢の中で
王様が家族の笑い声をきいているのかもしれません。

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

おれ、ねこ

2016/10/25 23:34

おれ、ねこ
おれ、ねこ
もふもふだから触ってみてにゃん♪
育ちざかりだからお腹がすくにゃん(=^・^=)



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

フェリシモ猫部へ行ったから部活!?

2015/10/10 23:53

にゃんそうこう

猫部の皆様におかれましては、
秋も深まり、もふもふにゃんこに癒されて
部活も活況のことと存じます。

先日フェリシモ猫部へ行ってきました。

詳細はこちら→http://news.biglobe.ne.jp/economy/1005/prt_151005_7577367222.html

もちろん買ってきた

にゃんそうこう

は、目も当てられない親ばか猫部の部員様に進呈しますよwwww

もうね、猫カフェ たら

肉もふ団 たら

29日の肉球の日 たら

揚げたらきりがないです

我が子の成長記録拷問 なみの破壊力ありますからwww

ま、どかどか押しかけて

ひとんちの猫激写してる私も

どうなんだか。。。。

にゃんこlove
anan にゃんこlove

街からのこのananが消えてた日にゃ

どこのアイドルなんだぜ とびっくりしちゃいましたよ

結局手に入らず

そののちの新装版手に入れております。

また、機会がありましたら

にゃんこ自慢、撮影大会などの部活でお会いしましょう♪



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コンパニオンアニマルとは?

2015/06/01 00:27

ベッキョン
お借りしました

この呼称は、特に近年では社会の高齢化や少子化に伴い、生活を充実させるために飼育している動物に対しての特別な感情を示すために使われ始めた。特に不都合の無い場合には、人間同様に扱い、話し掛けたり、一緒にテレビを視聴したり、旅行などに同伴するといった傾向も見られ、これら生活に於ける飼育動物への依存度が増大するにつれ、ペット業界や動物病院などでは飼い主の感情に配慮して、単なる愛玩物・所有物としてのペットではなく、「人生の伴侶」としての動物
~wikipediaより

コンパニオンアニマルとの適正関係の模索 

はるか昔、「この子は、あなたの実験台にはさせない」と

言われたことがある。

果たして、実験台にならない動物なんているのかな?

動物のQOL(生命の質)を高めることが、

飼育者としてのヒトに本当にできるのかな?

純血種を増産し、

近交系でのギリギリのラインで病気を増やし、

所有欲や、社会行動の欠損を埋めるために利用され、

人の命が軽んじられるにつれ、殺処分の頭数は多分減っていかない。

弱肉強食の生態系に入ることも許されず、

ヒト社会が崩壊するはるか前に多分動物たちは死んでいく。

せめて自分の健康を守るための知恵を

明らかに示している伴侶動物には

感謝してもしきれないし、

その経験を享受できたことにも喜びを感じたい。

ハラン
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

動物たちの離乳期

2015/04/17 23:23

プライド

春が巣立ちの時期なのは、鳥同様動物たちも同じ

1年程の妊娠期間を持つものは同じくらいの離乳期を過ごし

生育環境に合わせて、自力で餌が採れるようになると

離乳する。

もちろん初めに自分でとらえる餌は、大人のそれとはかなり違う。

餌をとることが困難な動物は群れを形成し、

社会行動をとるが、幼児期の子ども達は

離乳しても、母のおこぼれにあずかることが多い。

バブルネット

ザトウクジラのバブルネットフィーディングは

手慣れたメスの誘導で起こることが多いと聞く。

未熟な個体同士ではなしえない、

高度な摂餌行動と言える。

ライオンでも、サルでも

おこぼれにあずかる身の幼児期の個体は

絶えず、命の危険にさらされる。

安定した母系の集団を形成できるゾウや、シャチは
ゾウの群れ

やはり、長い寿命をまっとうできるだろう。

大海原や、干ばつの大平原に放たれた不幸な未成熟の集団は

時に過酷な死を迎える。

なぜ、そうなったのか、その理由を熟考しなければ、

次は人類。

そう考える。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ペットを飼うということ

2015/03/29 21:47

201503292129500a9.jpg

動物には不思議な力がある

家族を癒してしまうのだ。


時にはそうして命を落としていく

動物を新しく家族に迎えて

もし、その子が病気になったら

誰かの身代わりになってくれたと思った方がいい。

20111025063951_106273.jpg

かわいがることで

エゴや、自我と呼ばれる部分も

大きな包容力で包んでくれる。

だから、自戒を込めて

魂の成長を厭わないでほしい。

彼らの命が、一日でも永らえるように。。。

彼らが病気になった時

自分の魂の成長と彼らの治癒を

全身全霊をかけて

手に入れられますように

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

猫の日

2015/02/21 21:59

明日は猫の日
にゃんにゃんにゃんの日

2月22日2時22分

2月22日22時22分

当人たちに何があるわけでもないけど

周りの猫好きホモサピエンスは浮かれているに違いない。

♡猫 子猫

バンビ

そんなに祝ってくれるんなら
缶詰のグレード上げてにゃ

猫gif
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ミツバチが絶滅すれば4年後に人類は滅びる

2015/02/18 22:27

ミツバチ

ミツバチは、随分昔から人間の暮らしに欠かせない動物だった。

畜産の現場でも、ミツバチは産業動物としての扱いを受ける。

役割はもちろん、はちみつの生産がよく知られているが、

果樹や、野菜の受粉

花粉団子(花粉荷)の栄養学的価値

蜜ろう、プロポリス、ローヤルゼリーの利用

と、広範囲で恩恵を受けているのに、

ミツバチたちの壊滅的な被害が広がってきたときに

それを危機感としてとらえる人は少なかった。

動物の大量死の中でも

ひそやかに甚大な被害を及ぼし続けている最大の原因は

1990年代になって使われ始めたネオニコチノイド系農薬だと言われている。

そして、この被害が食糧危機の主な原因になるとも言われている。

すなわち

世界の食糧の90%を供給している約100種類の作物のうち71種類がミツバチの花粉媒介によるものと試算している
出典
ミツバチ、「世界の問題」になる

ミツバチの減少により食糧危機って本当?



鼻炎の症状が出た時に、消化できる形になった花粉をとると軽快してしまう。

ミツバチが消えた後の本当の怖さを

私たちは知らない。

ミツバチが絶滅すれば4年後に人類は滅びる。
by アインシュタイン
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

震災後から住み着いた猫ちくわ

2015/02/17 22:56

もうすぐあの日から4年の歳月が流れる。

二か月ほど泣き暮らしてしまった母の影響?

末っ子はひどい気管支炎で夜も眠れない日々を送り、

何もかも疲弊していた時に、彼女は現れた。

ちくわ

怯えた目をして、ガリガリにやせて、

警戒心が強くて簡単に近づけない時に、餌付けに使ったのが

「ちくわ」

そこから彼女の名は「ちくわ」になった。

この家にはもともと白い巳さんが氏神様で祭られていたので、

現れた時には、すっかり化身だと 思い込んでしまった私が、

子どもの気持ちも相まって、家人の反対を押し切りながら面倒をみているのだが、

相変わらずちくわの警戒心はすごい

因みに、近寄れるのは、無害と分かった娘たちのみ。

避妊手術に拉致した前科のある私には

たとえどんなに美味しいご飯をもらおうとも

こんな写真は撮らせてくれないので、

頼んで撮ってもらったのがこちら↓

竹輪 ネズミ
傍らに、だれが仕留めたか定かではないねずchuが。。。

ちくわちゃん
相変わらずおびえるとすぐ車の下に避難

ちなみに、もう一匹のバンビちゃん♀も

近所の多頭飼いオーナー病死街猫と化したグループからレスキューした子

バンビ

やや慣れてますが、家の中にはまだ慣れてくれません。

何かとトラブルの火種にもなる街猫ちゃんたちですが、

人間のマナーは守りつつ彼らの生態を守れるか否か

それは私たちの未来にもつながると信じて


決して巳さんの御利益を当てにして、欲に目がくらんでるんじゃないぞ

声を大にして言いたい。

彼らには不思議な力があるのも事実。その恩恵にみな預かっているんだよ?

の不思議な話は次回







[編集]

スポンサーサイト

関連記事

休日前の憩いの時間♪~癒しの画像

2015/02/10 23:55

バットマン

バットマン



たまにはいいでしょ?

たまにはいっか



遅いね?パパ。。

まだ来ないね?


チュニジアの夜

キリン

音楽もご一緒に♪



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

おもしろ動画 Vine編

2015/02/07 21:21

面白い動画 どうぶつ Vine 編

音声も楽しいので聞いてみて~♪














[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ザトウクジラの便り

2015/02/04 00:04

明日で立春、寒い日はまだ少し続きそうですが、

暖かい海では繁殖のために訪れた

ザトウクジラ

の便りが聞かれる季節です。

是非、

イヤホンをつけて音声聞いてくださいヽ(^o^)丿

クジラたちと泳いでる気分に浸れる
素敵な動画です☆



いつか行きたいな~
待っててね~

手を振る
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

バイオパークのモルモット道路が海外でも話題に!

2014/12/20 22:26


モルモット
カピバラに、モルモット。。。。かわいすぎる><♪
動画も最高です!いきたいなぁ~

Zooっと近くにふれあえる動物園&植物園でお馴染みの長崎バイオパークに2014年4月1日にオープンしたワン、ニャン、ペットのふれあい広場 PAW(ぱう)その中でモルモットを大量に移動する為に世界で最も愛らしい橋が海外でも話題に!!  橋を渡る姿はなんとも言えず可愛い  バイオパークといえば冬の風物詩、カピバラの露天風呂!ゆったりのんびり、カピバラたちがお風呂に入る姿が有名ですが・・・!ペットアニマルワー...
バイオパークのモルモット道路が海外でも話題に!

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

天王寺動物園でシロクマの赤ちゃん誕生

2014/11/26 22:01

シロクマ親子
天王寺動物園でホッキョクグマに待望の赤ちゃんが誕生した。→11月26日現在の詳細

ホッキョクグマの動物園での繁殖は特に難しいとされているらしく、無事元気に大きくなってほしいと願う。

自然界のホッキョクグマは、母親の栄養状態によって二頭、三頭と一度に出産するが、育児環境によってだんだんと減っていくことがある。

自然界に撒き散らされた人工の化学物質により、北極圏で最高位の捕食者であるホッキョクグマの受難は深刻だ。
以下WWFのホームページより引用→WWFホッキョクグマの保護活動

スバールバル諸島のホッキョクグマは、繁殖に悪影響を受けていると見られ、体内での抗体生成を阻害されて病気への抵抗力が弱まっています。1991年から1994年の調査結果では、伝染性の病気に効果を発揮する免疫グロブリンGの値が著しく低下していることが判明しました。これはPOPsに汚染された母乳を通して母グマからPCBを受け取った、抵抗力の弱い仔グマの免疫をさらに低下させ、死亡率を増加させることにも繋がりかねません。

また、スバールバル諸島で調査したメスのホッキョクグマのうち約1.5%に生殖器の奇形が確認されました。これも、POPsによるホルモンのかく乱が原因だと見られています。すでに先進国を中心に多くの国では、特に有害な化学物質の使用が禁止されているものの、ロシア、東ヨーロッパ、アジアなどでは、未だに広範囲で使用されています。
この他にも、北極圏ではアザラシやホッキョクグマから高レベルの水銀やカドミウムなどが検出されているほか、核実験や原子力発電所の事故、核再処理施設からの放射能漏れが原因で、放射能レベルが上昇していることも大きな問題です。

さらに、1980年から1992年の間にハドソン湾で生まれた子グマの生存率はたったの44%。その原因は、食料不足や母乳に含まれる脂肪分の不足と見られています。

自然界でもやはり子グマの生育環境は厳しいようです。
ここにオス熊のテストステロン値の低下や尿道下裂などの奇形も加わり、個体数の激減が心配されます。

地球上で最高位の捕食者の一種といえば、人間。
ヒトもまた同様に自ら招いた結果により苦しんでいる。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

動物写真&動画集(コメント付き)

2014/11/22 19:39

疲れてるとき、見てると癒されますよね~(*^_^*)一日一回大笑いで、ナチュラルキラー細胞活性化しましょ~

あなたならどうコメントしますか?私なら…………!!なめんなよ~~~!!小さいからって、みんなが逃げるとは思うなよ~~~~\(>_...
写真集(コメント付き)

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ヒトデ消耗性症候群~海からの警告

2014/11/07 01:25

アメリカ西海岸でヒトデに異変が起こっているらしい。

ヒトデ消耗性症候群(SWS)という病気で水温が高い時期になると大量死が起こる。

今のところ細菌やウイルスなどの感染性の病原体は見つかっていないので、原因不明となっている。
ヒトデは棘皮動物の仲間で食性は肉食、草食、泥食と様々

死んだヒトデに最もよく見られる症状は、腕にできる白色病変だ。二次的な感染症が原因とみられており、病変が急速に広がって腕が切断され、その数日後には死んでしまう。

 米ワシントン州のピュージェット湾やカリフォルニア州沿岸、カナダ・ブリティッシュコロンビア州のサリッシュ海岸では、一帯に生息していた個体がほぼ全滅、感染後の致死率は約95%に達するという。→ヒトデ大量死の原因はいまだ不明 より引用 現在はメキシコ、東海岸にまでその被害は及んでいる。

ここ数年アメリカ東海岸でも海生哺乳類の大量死→マナティーに関しては、渦鞭毛藻類の付着性毒物によるらしい。
世界各地でのサンゴの白化現象など生物の大量死が相次いで、気になるところ

一部では福島由来の放射能が原因ではという声もあるが、水棲生物全般に影響が出ているわけではないこのケースでは慎重な判断がいる。サンゴ同様水温の上昇によるという説も有力だ

ヒトデは食用にはならないのでニュースに上がらないようだが、最高位の捕食者のシャチの個体数も近年鮭の減少により減ってきているらしい。

自然界で静かに進行する異変は、必ず人類にも及ぶ。水質汚染、これは間違いなく人為的影響が多大なので、放射能の問題、農薬、薬物が自然の浄化能力を超える事態を一刻も早く食い止めたい。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

アニマルセラピー

2014/10/26 20:53

深い悲しみに包まれているとき、物言わぬ存在は、時として

時間には変えることにない癒しを与えてくれることがある。

動物療法、アニマルセラピーは、少しづつではあるけれど認知度を上げてきているので、

知る人も多いのではないかと思う


ある人はイルカと一緒に泳いで癒されたり、馬に乗って、世話をして

心の奥深くにあるちょっとしたキズを癒したりしている。

特別な場所で、特別な動物に会う機会に恵まれる人は幸せだと思うが

多くはない。

人はなぜ悲しみや寂しさを癒されるのか。。。。。

そのカギは案外自分の中にあるのではないかと思います。

オキシトシンというホルモンをご存知でしょうか?

このホルモンの分泌は、愛情表現の相手によって促され、脳内におこる化学現象で、近年注目を集めている。

愛情を注ぐ対象はというと、もちろん乳幼児、言葉の意思疎通がうまくできない分、大人にオキシトシンの分泌を促すような
形態をとっている。
子ども形態

一般的に離乳前の保護の必要な動物は基本的に同様の特徴を持っている。

そのほかにも、飼っている犬や猫によって精神的に救われたり、街猫に慰められた経験をお持ちの方もいるのでは?
猫

本当に疲れてしまったとき、周りを見回すと生き物がいませんか?

その生物は、科学的にはオキシトシンの欠乏を察知して分泌を促すために近づいてくれたのかもしれません。

動物に癒されることが多い分、たまには心の中で、自分を癒す万物の存在に感謝の気持ちを捧げてみては?
また、素敵なセレンディピティに恵まれるかもしれません。

たまにはまったり~くつろいで~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[編集]

スポンサーサイト

関連記事